FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ララバーの食べ比べ、その1

2010.01.07.17:59

こんにちは!

ブログの更新が久しぶりで申し訳ありません。

あけましておめでとうございます。今年2010年も私のブログをよろしくお願いします。


今回もララバーについて書きます。iherbで安く買うことに気づいてから、たくさんの種類を買って、色々と食べてみました。
IMG_0060.jpg

とは言っても、すべての種類を食べてみたわけではありません。自分の好きそうな味をメインに買ってみました。

とりあえず、今まで買ってみたものについて感想を書きます。

Jocalat Chocolate Mint : チョコミント味。海外で有名なお菓子、After Eightとまったく同じ味です。それなのに、ローで、健康に良くないものがひとつも入っていません。彼女の大好物です。チョコミント味が好きな人にはたまらないと思います。私はちょっと苦手です。彼女が食べてくれることを期待しています。笑

Jocalat Chocolate Hazelnut: チョコとヘーゼルナッツ味。子供のときに、パンに塗るチョコヘーゼルナッツのクリーム(Nutellaなど)が大好きで、同じようなものを探していました。食べてみると、昔の甘すぎさがなく、逆に大人っぽい味です。ブランデーが入っている不思議な感じがしますが、入っていません。チョコレートとヘーゼルナッツ、やっぱり合いますな。

Larabar Chocolate Coconut Chew: チョコとココナッツ味。今まで食べたチョコレート味のララバーの中で一番好きです。チョコレートもココナッツも味が圧倒的過ぎず、ちょうどいい感じで、この二つの材料が好きな人にはお勧めです。重くないのもいいところです。

Larabar Lemon: 私と彼女の一番好きなララバーです。今の箱は2箱目。レモン味がすばらしいです。甘すぎず、すっぱすぎず、本当にかんきつ類好きな人にはたまらないおいしさです。ただひとつ思い浮かぶ欠点はなくなるスピードしかないです。

他に食べたものがまだまだありますが、それはまた今回紹介したいと思います。

ララバーの種類などがこのページにリストアップされています:http://www.iherb.com/Humm-Foods-Larabar

iHerbでまだ購入したことのない方は、5ドルのクーポンを使えます。購入時に、コードのところにAMU409と記入していただけたら、会計から5ドル引かれます。
iHerbの詳細な説明については、こちらをごらんください。ララバー以外、ローフードから、スーパーフード、サプリメント、ナチュラルな化粧品まで販売しているいい店です。有機の歯磨き粉やシャンプーも使ってみましたが、かなりお勧めです。

今日も読んで下さってありがとうございました。よろしければ、以下をクリックして下さい!
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

寒い季節がやってきました

2009.10.08.16:42

こんにちは、お久しぶりです。

一時的にフランスに帰省したこともあり、ブログを更新できませんでした。

さて、寒い季節に入ってきて、それをどうやってローフードと合わせればいいかについて話します。

以前の日記でも書いたように、ローフーディストの最大の敵は冷えです。
食べ物を温めずに食べるから当然ですが、それだけではありません。

暖めても、体を冷やす作用のある食べ物があります。トマトはそれの一番代表的なものだと思います。他に、色の薄いもの(サラダ系など)や南方から来た物(パパイヤ、パイナップルなど)は体を冷やします。

とても便利なことに、輸入でどの季節でもどんな食べ物も入手できるようになりました。冬でもマンゴーを楽しめるなんて、嬉しいことです。しかし、よく言われている通り、旬で現地のものを食べた方が体のためになります。猛烈な暑さか凍える寒さで生息する植物は生き残るための成分を持っています。だから、同じ地帯で住んでいる人がそれを食べると、その暑さや寒さに耐えられます。

夏は体を冷やすもの、冬は体を温めるものを摂るといいです。

体がよく冷える方は、季節と関係なく、体を温める努力をする必要があると思います。体が冷えると、足と手が冷たいだけではなく、免疫力と代謝機能まで低下します。詳細は以前書いた日記を参照することを薦めます。

ローフードはどうしても体を冷やしてしまう食生活なので、冬になると、注意が必要です。

体温と言えば、最近人気のある医者、石原結實、が書いた本がお薦めです。最近、”「うつ?」と思ったら体温を測りなさい”という本を読んで、書いてあるアドバイスを実践したら、調子がものすごく良くなりました。

普段は冷え性がひどくて、靴下をはかないと夜は寝られないほどさむいです。手と足も常に冷たく、ストレスを浴びると、ドンドン冷たくなっていきます。冷たいと、体の調子も悪く、消化がうまく行かず、食欲もなく、やる気も沸きません。

本の中で進められている飲み物、生姜紅茶を毎日飲むようにしたら、生姜が驚くほどよくなって(飲んだ直後は必ずトイレに行きます)、手も足も温かくなり、顔色もよくなったと親に言われました。

ローフードにしても体調が優れない方は体温を測ってみて下さい。36度以下だったら、体が冷えています。その場合は生姜紅茶を読むようにして、生活で体を温める努力をするようにしてみるといいです。シャワーではなく、入浴をしたり、太陽を浴びたり、筋トレをしたりすると、体が温まります。

体を温めたいが、ローフードだけで続けたい方は、スムージではなく、常温の旬の果物と野菜をミキサーでジュースにしたり、おろした生姜を飲み物やサラダに入れたり、そして、体を温める作用のあるローのものを摂ったりして下さい。例えば、リンゴとにんじんのジュースが効果的です。


今日も読んで下さってありがとうございました。よろしければ、以下をクリックして下さい!
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

たまに手放しましょう

2009.06.25.17:03

こんにちは、Gojippoです!

今日はローフードなど、健康マニアの世界でタブーとなっていることについて話します。(笑)
本当はタブーではありませんが、それについての話をあまり見ませんし、健康ヲタは僕のこれから話すことに猛反対するでしょう。

こういうときってありませんか?
・XXXが食べたいけど、ロー(またはビーガン、ベジタリアンなど)ではないから食べられない(けど食べたい)。
・XXXちゃんに誘われたけど、行ったらローではないものを食べそうでいやだ。
・XXXを食べたら、絶対体調悪くなる。
・もっと健康的に食べなければ!
・など

代替医療や代替食事法の世界で、そういうようなことをばっかり考えている方が多いです。積極的な考え方では決してありません。どちらかと言えば、重い感じで精神的に悪い影響をもたらすような考え方ばっかりです。
よく見られるパターンとしては、某食事法を理想化しすぎて、その食事法に沿わないものは毒のように扱われ、結局現実から離れていくというパターンです。そういう人は無理をして、食べ物に対する判断をできなくなります。
私はこのブログでローフードを薦めているものの、無理してまでローフードになることは薦めたくありません。

よくフォーラムなどでcraving(ある食べ物に対する欲求)がひどいとよく読みますが、無理してその欲求に抵抗する必要性を感じません。いきなり完全にローフードにする必要がありません。逆にそれはよくないと信じています。生の野菜とフルーツを少しずつ無理なく取り入れるだけでも効果が抜群です。

そして、ローではないものに対する過激な偏見も良くないと思います。それがひどすぎると、orthorexiaという摂食障害の可能性があります。確かに健康的だとはあまり言えないような食べ物もありますが、それらに対する過度な拒絶もどうかと思います。
何を食べるかは自分の自由で、自分に良くないものだとわかっても、それを食べる選択肢があります。ジャンクフードを進めているわけではありませんよ。ただ、食べたいのなら、それをたまに食べてもいいのではないでしょうか?

要するに、食事法の指示を教義にせずに、体と精神の健康のバランスをとって、自分で自分の健康のためにいろいろと決めていったほうがいいということです。精神的な余裕をなくすまで体の健康に拘らないということです。リラックスするということです。

以前、彼女とCafe Alive(Living Foodの店)に行ってきましたが、彼女曰く”この店の人たちは確かに健康に気を配っているだろうけど、何も面白くなさそうだね。宗教見たいで重そう”。生のものを食べられるレストランに行くことで嬉しかったけど、その言葉で現実に戻りました。確かにその通りでした...健康的でしたら、嬉しい表情でいるのに、笑っている人がいませんでした。

日本語で”手放す”という言葉がありますが、英語で言う”to let go”という表現とニュアンスがちょっと違う気がします。同じ感じで日本語でなんというのでしょう?知っている方がいれば、教えて下さい。

では、次の日記は多分今日ほど反乱者っぽくないと思います(笑)

今日も来てくださってありがとうございました!ロー情報は以下で手に入れましょう!
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

効く食事法の共通点

2009.05.01.18:39

こんにちは!もうちょっとでGWですね!家にいないので、ブログの更新・確認はできません。それでもゆっくりしていってね~

今日はローでも、ロー以外でもとても大切なものについて話します。

僕はローになる前からかなりの栄養学マニアで、色々な食事法についての本を読みました。色々と実践してみました。効果があったりして、色々と勉強になりました。

自慢ではないですが、ほとんどの食事法が効くかどうか、とどれぐらい効くかを評価できます。どういうものを食べるかどうか、どんな物を組み合わせるかとかで、効果が大きく左右されます。実は、効果的なものの中でも、ランクがあります。あるものさえ取り入れれば健康が大きく変わることも、若干健康的になることも、じつは色々あります。

結果から言うと、僕が一番高く評価しているローフード食事法は以下の三つです。
その三つのダイエットはどれも違う視点からたって考えられました。ナチュラルハイジーンは食べ合わせ、pHはアルカリ性と酸性のバランス、低GIは血糖インデックス。でも、実はそのすべてのダイエットに一つ大きい共通点があります。

それは野菜をメインに食べていることです。”なんだ、野菜か。野菜が健康にいいなんて知っている”と言われそうですが、野菜がメインというのは普通にない考え方です。

考えて見ましょう。ナチュラルハイジーンでは、昼食・夕食ともに、野菜が食事の70%で、残り30%がたんぱく質系のもの、か炭水化物系のもの。pHバランスでも、アルカリ性のものを多量に食べますが、ご飯・パスタも肉と魚もやっぱり酸性ですから、アルカリ性である野菜をメインに食べます。低GI(本当は血糖インデックスより血糖負荷で考えた方がいいですが)でも、野菜の割合はかなり高いです。どんなに野菜を食べても血糖値があがらないからです。

Green for Lifeを書いてローの世界で有名になったVictoria Boutenkoさんも同じことを言いました。彼女の家族はローにする前に皆何かの病気を持っていて、元気がなかった。ローにしたら、しばらくは元気になっていましたが、また疲れなどが表れた。それで、Boutenko氏は人間に一番近いチンパンジーが何を食べているかについて研究して、緑黄色の葉野菜だということに気付きました。野菜を消化しやすくするために、スムージに入れて飲むようにすることをお勧めして、多くの人をより健康的にしました。

自分でも経験しました。ローでも、朝をフルーツだけにするときと、Green Smoothieにするときを比べたら、Green Smoothieにしたときの方が元気で、ロー以外のものを食べても、夜まで疲れずに一日を過ごせます。恐るべし、Green Smoothie.

Green Smoothieは本当にシンプルながら、簡単かつ美味しく野菜を多量に摂取できる物です。

皆さんも頑張って飲んで、健康になってください。青汁より美味しいのに、青汁より健康にいいです!

では、良いGWを!

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

加熱の物との関係がどう変わるのか?

2009.04.27.18:53

こんにちは!

昨日、Lucinaのローフードベーシッククラス2に行って参りました。

が、今日はその話ではありません。申し訳ありませんが、今度にします。

今日は、ローフードにしてから、加熱の食べ物とどういう関係になるかについて話したいと思います。

まず言っておきたいのは、完全にローではありません。外食もありますし、友達などといるとローを食べることはできません。それでも、比較的に健康的に食べることはできますが。というわけで、ローフードを多めに取り入れてから、どういう関係になるかのほうが正しいです。

まず、気付いたのは、匂いと見た目に敏感になったことです。焼肉屋、吉野家やマックなどから来る匂いがくさくて耐えられなくなりました。前もやや気持ち悪かったのですが、ローフードを増やしてから、もう汚染としか思えないような悪臭です。見た目だと、思いと分かるようなもの(丼物など)や色的に乏しいもの(マクロビオティックなど)にはもう何の刺激も感じません。逆に、新鮮な色が豊かなサラダの前でもうよだれが止まりません。笑

まだ色々な食べ物に対する欲求が残っています。ピザ、麺類、パンという炭水化物に特に弱いです。でも、我慢できずに実際食べてみると、ローと決定的な違いがあります。それは水分の違いです。果物や生の野菜を食べると、ジューシーで美味しくて、水もいりません。ですが、加熱の食べ物を口に入れると、死んでいるものを口に入れたとしか思えません。それでも、まだローの日々が浅いので、誘惑に負けることがたくさんあります。でも、ローを食べることによって、体が変わっていきます。体自体が何が必要か少しずつ分かってきます。一番欲求が激しいのは小麦粉からできたヨーロッパ的な主食です:パンや麺類。体がそれをずっと食べてきたので、何が起きているのかが分からず、いつもどおりそれを欲しがっています。だから、徐々にそのものを健康的な野菜やフルーツと取り替えることで、体もそれを必要としなくなります。

今日は実際午後お腹が空いていて、スーパーに行きました。果物を買っても良かったんですが、果物だけで満足する気がせずに、チョコレートを買いました。口に入れた途端は美味しいと思いました。しかし、食べるに連れて、苦しくなりました。水分がないので。そして、食べた後、重く感じます。それを食べた3時間後の今でもお腹が重い。体がそれをもう必要としないということだと思います。ローのチョコレートが入っているローのデザートを食べると、いつもどおり軽いのに。

今はそのチョコレートを食べたことを後悔していますが、大事なレッスンです。それを食べなかったら、それをずっと欲し続けたと思いますから。今はもうしばらく食べないでしょう。

ローフードを初めてから間もないので、大目に見てください。これから変わることを伝えることができたら嬉しいです。

では、また!

ローフードの情報はやっぱ以下のサイトで手に入れましょう!よかったら、クリックをください!

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

theme : ダイエット記録
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

gojippo

Author:gojippo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。